坐骨神経痛の判断基準と症状について解説します

坐骨神経痛の判断基準と症状について

坐骨神経痛,判断基準,症状

坐骨神経痛の判断基準は人によって痛み方や部位が異なっていて症状が違うことがありますが、下半身に痛みやしびれに違和感があることは共通しています。

 

判断基準をするときには次のようなことがあります。

  • お尻から足にかけて激しい痛みがある
  • 何年も前から時々背部に痛みを感じている
  • 便秘や腰部に痛みが長時間続く
  • 重い物を持ち上げるとお尻に痛みを感じる
  • 長時間立っていたり座っていると腰部に痛みがある
こんな症状にも注意

坐骨神経痛,判断基準,症状

他にも、以下のようなときも発症している可能性があります。

  • 長時間歩くと腰背部の痛む
  • 咳やくしゃみをする腰背部が酷く痛む
  • 寝ている時に腰背部が痛くなり姿勢を変えずにいられない場合
  • 朝起きたときに腰背部に酷い痛みがある
  • 1日の終わりに足が酷く痛む

更に神経痛が出ている足は疼痛性の跛行といって引き摺るような歩行や、
痛みがある方は血行が悪いため冷えが起きることもあります。
痛みが長く続くと合併症でお尻の筋肉が萎縮することもあります。

坐骨神経痛の症状の出方

症状を感じる部位はお尻や太腿の裏にすね、ふくらはぎがあって一部だけや足全体に感じることもあります。
また、坐骨神経痛と伴って出る症状もあります。

  1. 腰や臀部の痛み
  2. 太腿の裏や足へかけての痛みやしびれ
  3. 体を動かすと痛みやしびれの悪化
  4. 痛みのため歩行困難や足に力が入らない
  5. 足の筋肉が左右で違う

殆どは片側のお尻や下肢に痛みやしびれがおきますが、両側に起きているときは早めに病院に行った方がよいです。
悪くなると肛門周辺のしびれや排尿障害が出ることもあります。

 

痛みを感じることが多いですがしびれや熱感や冷感、引きつれを感じることもあります。
足の冷えやとくに片側だけの足の冷えにくるぶしの一部だけ冷えていたり、
冷えを感じる部位を温めてもとれないときは坐骨神経痛の可能性が高いです。

 

>>坐骨神経痛に効果的なサプリメント人気ランキングはコチラから<<