坐骨神経痛の手術方法を比較して短期入院で済ませる方法

高いリスクを避けて短期入院で済ませられる坐骨神経痛の手術方法

坐骨神経痛,手術,方法

坐骨神経痛になると腰回りだけでなく足にまで影響が出てしまうことはご存知でしょうか。
これは、坐骨神経が背骨から出てお尻を通り足の太ももやふくらはぎにまで通っている神経だからです。
神経の圧迫が強まったり炎症が悪化してしまうと、足の機能に影響が出て立って歩くことができなくなってしまう場合もあります。

 

坐骨神経痛は長くても1週間の入院

坐骨神経痛の中でも椎間板ヘルニアの場合は、骨の中からはみ出して神経にさわっている、
髄核を取り除くことで、炎症の治りを早めて痛みやしびれを取り除くことができる可能性が高まります。

 

以前は椎間板ヘルニアがある部分を切開して対応していましたが、体に負担も高く3週間程度の入院が必要になっていました。
今では医療器具や知識、技術も発達して長くても1週間ほどの入院で済ますことができるようになっています。

坐骨神経痛の手術方法とは

手術の方法には内視鏡を利用したものがあって、全身麻酔により行われます。

  • 一般的な内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出するもの
  • 直径7mmの微小内視鏡下で行われるもの

との2つがあって、状況によって手術法が変わります。
微小内視鏡の方が剥離する必要がある筋肉も少なくて済みますし、傷口も小さくなるので入院する日にちが短期間で済みます。

保険が効かない自費の手術方法も

坐骨神経痛,手術,方法

特殊な針を用いて椎間板内に刺した後、針の先端からワイヤーを広げて回転させ、細かく粉砕したら吸引して取り除く方法もあります。傷跡は針の穴程度で済むため目立たなく、内視鏡下よりもリスクが少ないやり方です。
椎間板ヘルニアが再発してしまう確率も少ない優れた方法ですが、健康保険が適用にならないため費用が高い傾向にあります。

 

椎間板内にレーザーを照射し焼灼して、圧迫している圧力を下げる方法も、針の穴程度で短期入院で済む方法になりますが、これも健康保険が適用になりませんから、よく比較して検討する必要があります。

 

>>坐骨神経痛に効果的なサプリメント人気ランキングはコチラから<<