坐骨神経痛のクッションの選び方と活用方法を紹介します

坐骨神経痛のクッションの選び方|様々な場面での活用方法を紹介

坐骨神経痛,クッション,選び方

坐骨神経痛の場合普通のクッションではなく、専用の様々なタイプの商品があります。
例えばドーナツ型で真ん中に穴が開いていものや、骨盤にフィットする形に正座をするときにサポートしてくれるクッションなどもあります。

 

ドーナツ型はよく痔の人が使っているイメージがあります。
これは自然と姿勢が伸びて正しい姿勢を作ることが出来る効果がありますが、商品によっては普通のと変わらないのもあるので選び方には注意が必要です。

 

骨盤のような形をしたタイプはお尻にフィットするので腰への負担が軽減出来ます。
これも低反発の素材である程度厚みがあるものが良いです。
直ぐにへたれてぺたんこになるものだと腰痛対策になりません。

移動時でのクッションの活用方法

坐骨神経痛,クッション,選び方

自宅以外の車や飛行機などの移動時にもクッションは役立ちます。
ネックピローは車や新幹線、飛行機などでも使える便利なものです。

 

移動中だと長い時間動くことが難しく、姿勢なども固定されやすいのでこういう場面こそ正しい姿勢を取ることが出来るグッズが必要です。
この場合はクッションをお尻の下に敷く以外にも座席と腰の隙間に挟むなどの工夫が必要です。ネックピローは首にも使うと全体のバランスもとれるのでリラックスも出来て過ごしやすくなります。

正座をしなければ行けない場面では

坐骨神経痛,クッション,選び方

坐骨神経痛の場合でも、お葬式などで正座をしなければならない時があります。
その時にも座布団やクッションを利用するとよいです。

 

お尻の下に敷くタイプも良いですが太腿とすねの間に挟むような感じで使うのがおすすめです。中にはきのこのような形のタイプでお尻を浮かせて姿勢を正しく保つものや、棒状で太腿とすねの間に挟みこむタイプなどもあります。

 

座布団やクッションなどの準備が出来ないときは、代わりに厚手のタオルを挟みこむのも応急処置として使えます。

 

>>坐骨神経痛に効果的なサプリメント人気ランキングはコチラから<<